オーダースーツの作り方とは

裁断・裁縫

採寸したら裁断して裁縫していきます、私達の見えない所で。

データが全て集まったらようやく生地を加工する段階へと進みます。 裁断は全てを機械で行ったり、その反対に人力だけを頼りに行うのではなく、両者 を組み合わせて進めるのが一般的な手法となっています。 全自動でマシンに任せられれば簡単なのですが、品質的に問題が発生しそうな部分は 職人さんが手作業で作業をすることになるでしょう。 高品質で丁寧な作業が求められるスーツほど腕の立つ職人が多くの作業に携わり、 その分お値段も高額になっていく仕組みです。 逆にマシンが大活躍するようならば人件費を低く抑えられますので、オーダースーツ でも割安に製作してもらうことが可能となっています。 これは生地の素材やデザインにもよるので、最初の打ち合わせで大雑把にでも予算 を伝えてなるべく低額になるように依頼をすれば、真心を込めてニーズに合わせて くれた見積りや提案をしてくれるでしょう。 裁縫は職人が手作業で行い、ボタン付けやプレスなどの仕上げをしたら完成です。 完成したらそのままクライアントにお届けするのではなく、その前に厳しい品質 チェックをして不備はないか、お客様が満足してくれる品であるかを確認します。 当然オーダーされているサイズであるかも調べられますので、受け取ってから 「あれ、袖が短くてみっともないんだけどどういうこと?採寸してからそんなに 腕は成長していないはずだから正確に製作されているのならこんなことには絶対に ならないはずなんだけど」といったトラブルも起こりません。 オーダー通りの品であるか、サイズも合っていて裁縫にも問題は無いか、最終チェック を受けて合格してから、ようやくクライアントにお届けされます。 この検品の工程で手を抜かれると、せっかくのオーダースーツも自分のピッタリでは なかったり指定したカラーやデザインではない完成品が渡されてしまうかもしれない のですが、そうなった場合の顧客のガッカリ感はすさまじいでしょう。 あまりに注文とかけ離れているようだと受け取りを拒否されますし、そうなると 代金の支払いも当然お断りされてしまいます。 そんな揉め事が起きないよう、完成したらひとつずつ丁寧にプロが厳しく審査する システムがオーダースーツでは常識となっています。 同じ製品が大量生産されるのならこの検品の作業も流れるようにサクサクと進行 していきますが、全てがオーダーメイドなので2つ続けて全く同じ品が完成する ようなことはほとんどありません。 検品も製品ごとにチェックする数値やデザインが異なるので、気を抜いてボンヤリ としていたら熟練者でもミスを見落としてしまうでしょう。 なので相当気合を入れてこの最後の検品を行うことになります。 そして見事合格したらようやくお客さんに届けられるのです。 試着してみてもしもサイズがきつい、大きすぎるといった問題が発覚したら、 微調整を行って体形にフィットさせ、満足いく状態になったら完了となります。 ここまででおよそ2週間から1ヶ月というのが目安になっていますが、ショップに よってかなり違いもありますしオーダーの内容も納品までに要する日数に大きく 影響を与えるので、注文時に「出来上がるのは何日後位かな、そう正確な日数では なくていいので参考までに教えてもらえますか?」とスタッフの耳元で囁いて、 こちらが納品がいつ頃なのかを気にしていることを伝えるといいでしょう。 有能なスタッフなら顎に手を当ててしばらく考え込んでから、かなり正確な納品日を あなたの耳元で囁き返してくれるはずです。 衣替えのシーズンが迫っているタイミングや春なんかがスーツの需要も高まります ので、その時期にオーダースーツを新調しようとしたらきっと注文も多く入っている でしょうから完成まで時間がかかるかもしれません。 注文してから早く受け取りたいのなら、みんなが仕立てない時期を狙ってオーダー するのがお勧めですよ。